熟慮の末

農業を中国でやるか、日本でやるか、熟慮の末日本でやることになりました。

まだ経験ないですからね。

今行くのは冒険しすぎかなと。

本音を言えば、行く気満々だったのですごーく残念なんですが、実力をつけて中国でやれる機会があればやりたいなと思います。

日本で面白い中国野菜栽培するぞ~。

広告

ちょっと夏休みにいつもの場所

先月の事になりますが、毎年一度は訪れてる福島県二本松市にある友人が経営している【農家民宿 ゆんた】に家族と友達家族と行ってきました。

福島に行く途中那須サファリパークに寄りました。


動物たちが近くて迫力あって面白かったです。
でも、餌が1000円とちょっと高め。
いつも行く動物園が100円なので買うのを躊躇してたら、素敵なお兄様(友達の旦那様)が買ってくれました。ノリくんありがとう!

そして、ゆんたに到着。
素敵な古民家です。
オーナーの仲里さんとは、今年東京で行われたオーガニックフェスタで一度お会いしてたのですが元気そうで良かった。

仲里さんのセンスが光る看板



みんなでバーベキューしたり流しそうめんしたりして楽しかったです。

一泊二日でしたが、もう1日滞在したかった。

自転車通勤

久しぶりに自転車で仕事場と研修先に行ってます。

5年ぶりかな。

第一の理由は、給料が減ったので交通費を少しでも減らそうと思ったのが理由。

あとは、運動不足やストレスの解消ですかね。

久しぶりの長距離自転車通勤なので脹脛が攣ったりで大変きついです。(特に復路)

慣れれば何とかなりそうですが。

仕事場までが37キロ、研修先までが26キロ。

なかなかハードな距離です。

こんな距離を自転車通勤してる人はなかなかいないと思います。

それでもサイクリングは楽しいです。

特にサイクリングロードは良いです。

景色はいいですし、何より排気ガスに汚染されてないので走りやすい。
娘は、もうすぐ6歳になるので補助輪取りたいのですが、「怖い、怖い」と言って練習もしません。

どうなることやら。

我住在这里的理由

面白いネット番組を見つけました。

「我住在这里的理由」と言うネット番組です。youtubeで探せば出てきます。

日本住む中国人、中国に住む外国人(日本人)にスポットを当て、俳優の阿部力さんが会いに行く番組です。

阿部力さんは、ドラマ花より団子(日本版)に出てた俳優さんで中国生まれと言うこともあって中国語がペラペラ。そして、何よりも人柄が素晴らしい。

中国人に向けた番組なので9割は中国語ですけど、中国語の字幕がついているので内容はなんとなくわかります。

是非検索して見てみてください。

中国語の勉強にもなりますよ。

大学は中国

先日、よく行く中華料理屋さんで店主のお姉さんにお会いしました。

お姉さんの娘さんは、現在北京にある中国伝媒大学に通っているそうです。

この大学は、放送分野で最高レベルの大学で、アナウンサーになる人がいく大学らしく、美男美女が多いそうです。

聞くところによると、娘さんは大学にいくまで中国語が話せなかったそうです。

この大学を選んだ理由は、日本人があまりいないからだそうです。

そうですよね、中国でアナウンサーになる人たちがいく大学なので日本人はいないですよね。

僕は、一年アメリカ留学経験がありますが、日本人が200人いたので日本人としか話さず英語は全く上達しませんでした。

なので、日本人がいない学校を選ぶのは良い選択だと思います。

中国伝媒大学で中国語を学べば発音も綺麗だし、ネイティヴと同じように話せるようになるでしょうね。

羨ましい。

中国語を学ぶのは早い方がいいと思ってましたが、大学からでも遅くないのかな。

でも、やっぱり早いうちから話せることに越したことはないので、娘に少しずつではあるけど中国語を教えようと思ってるんですが、

「ママに教わるからいい。」

と拒否されました(^_^;)

どこの大学にいくかは、いく本人に任せますが、外国人であれば中国のレベルの高い大学に中国人とは別に入学できるので、中国の大学を選ぶのもいいですね。

特別枠で入学するには、中国の国籍を有してないなど資格があるみたいです。(北京在住のつばめさんのブログ、ニーハオ中国で少し書かれてます)

それと、高校での成績が良くないとダメですけど。

あとは、お金。

留学費用は、生活費いれても日本の四年生の大学の学費とそれほど変わらないそうです。

父ちゃん、頑張ります!

農業の方ですが、以前にお話しした通り中国野菜を栽培する方向で進めています。

若い農家が加入する農業青年会議所にも特別に加入させてもらいました。(僕が国から正式に農家と認められるのは3年後2020年、オリンピックの年になります。)

中国野菜と言っても青梗菜など日本に馴染みある中国野菜はたくさんありますが、中国人が食べたいと思う日本人には馴染みのない中国野菜を多く栽培していきます。

もちろん、青梗菜など日本人にお馴染みの中国野菜も栽培しますし、カレーの具材に使われるような普通?の野菜、ジャガイモ、人参、玉ねぎなども栽培します。

珍しい中国野菜は、研修先でも栽培してないのでリスクはあります。

どれだけの人が買ってくれるかも未知数です。

それでも栽培する価値はあるのかなと思ってます。

できたら、豆板醤も自前で造りたい。

無農薬栽培の中国野菜で繋ぐ日中友好、なんて言いませんよ笑。

娘、名付け親になる

先月、地元の動物園に行ったらコツメカワウソの赤ちゃんが生まれ名前を募集していたので娘が6つの候補の中から「リオ」という名前を選んで投票したら動物園から名前が「リオ」に決定したと連絡をもらいました。

命名式があるので参加してほしいというので日曜日に行ってきました。


リオに投票した600名の中から5名が代表として選ばれたみたいです。結構な倍率。

自分が選んだ名前が付くって思い出になりますね。

動物園からは、名付け親認定証とコツメカワウソのぬいぐるみなどのグッズをいただきました。

ここの動物園は、動物の種類は少ないものの入園料が大人200円、年間パスは600円と格安!

年間パスは1月に購入済なので、これからは毎月リオちゃんに会いに行きそう。

リオちゃんには長生きしてほしいです。

姪の結婚

2017年2月

来年農家になるのでいろいろ準備をしなければならないのてますが、何から始めようかと考えてたら2ヶ月が過ぎようとしてる感じです。

そして、来年は他に大きな嬉しいニュースがありまして、義理姉の長女トントンが結婚するそうです。

もう結婚する歳になったのかとちょっとビックリ。

トントンに初めて出会ったのがトントンが13歳。

うちが結婚して11年になるので、今トントンは24歳。

日本では早いかもしれないけど中国では普通なのかな。

嫁さんはトントンの結婚式に出席したいようなのですが、来年は娘が小学生になります。

こっちもビックイベントです。

結婚式は、5月か10月にやるようで、娘を結婚式に連れて行くとしたら学校を休ませなければならない。

僕は、全然休ませていいと思うんですけど、嫁さんは仕事場のおばさん達に聞いたら休ませないほうがいいと言うので悩んでます。

学校一週間休んでも大して遅れないと思いますけどね。

娘に「パパとお留守番してようか」と言ったら

「パパと二人はイヤ」と言われちゃいました(;´д`)トホホ…