武漢出身の友達宅で中華料理


日曜日、嫁さんの武漢出身の友達宅で中華料理をご馳走になりました。

うちの嫁さんの作る中華料理とまた違いますね。

武漢は湖北省にあり、湖北料理は、いろんな料理が混在しているらしくバラエティに富んでるらしいです。

湖北料理は、省内の各地で特徴が異なり、特に省都武漢ではさまざまな味付けが混在しているため、中華料理菜系への分類が難しい。Wikipediaより

うちの嫁さんの作る中華料理は、あまり香辛料を使わないのですが、いただいた料理には香辛料がたくさん使われてて地域によって全然味が違うと思いました。

話が変わりますが、うちの嫁さんは河北省出身です。

河北省を中国語のピンインで表すと、he bei sheng です。

そして、この友達は湖北省出身。

湖北省を中国語のピンインで表すと、hu bei sheng です。

僕が嫁さんの出身地を中国語で紹介すると、湖北省と間違わられることがよくあります。

僕は、uではなく、eと言ってるつもりなんですけどね。

発音難しい…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中