一人旅?

image

image

8/29

一泊二日で鄭州(開封)!?

こっちにくる前から計画していた一人旅を実行する事にしました。
藁城市から石家庄までバスで行きます。
藁城市客運駅から石家庄の白佛客運駅までは35km。
料金は17元。

指定されたバス停で待ってもバスが来ない…。
30分経ったくらいのときにバス会社の女性が

「ここには来ない。大通りで待ちなさい。」

おいおい、さっき言ったことと違うじゃん!!
まあ、僕の勘違いだったかもしれないからバス会社の女性を責めるわけにはいかないので素直に言われた所に急ぐ。
と言っても、 大通りで待つように言われただけだからどこで待てばいいのかよくわからない。

とりあえず、人が集まってるところでバスを待ってみる。
5分も経たないうちにバスがきた。
大通りには決まったバス停はないらしく、待ってるとバスが停まってくれる。

45分で白佛客運駅に到着。
ここから石家庄駅までどう行けばいいか全くわからない。
急いでいたし仕方ないタクシーを使う。
タクシーのおばちゃんが声かけて来たのでいくらか尋ねると35元という。
値段を聞くべきじゃなかった。
レシートをもらえば済んだのに。
高いなと思ったんだけど、早く石家庄駅まで行きたかったので35元でいってもらった。

石家庄駅着くとすぐさまチケット売り場に向かう。
僕が駅に着いたのが8時半。
もう長い行列ができている。
やばいなあと思いつつならぶ。

自分の番まであと5人となったときに僕がならんでる売り場だけ終了の張り紙が。
担当者が休憩に入るらしい。

おいおい、休憩入るならもっと前に言ってくれ。
隣の列にならび直し。まったく。

で、30分ならんだ挙げ句その日の鄭州行きのチケットは売り切れ。

もうがっかり…

石家庄市には用がないのでそのまま藁城市に帰ります。

帰りは時間は沢山あるので白佛客運駅までは市内バスを利用。
タクシーで石家庄駅まできたルートを覚えていたのでそれに沿って走るバスに乗ります。
結局、2度ほど乗り換えをして白佛客運駅に到着。
時間はちょっとかかりましたが、料金はタクシーの10分の1以下の3元(2回乗り換え)。
後で知りましたが、白佛客運駅行きのバスもあったようです。

白佛客運駅から行きと同じバスを利用。

鄭州までは行けなかったけど、藁城市から石家庄まで行ったのも一人旅と言えなくもないか(笑)

家に着くと、義理父や親戚が集まってました。

広告

出産費用

出産費用はどのくらいだったか。
詳しくは聞いてないんですけど、だいたい1000元(約11万円)くらいだったそうです。(食費も含む)
自然分娩ではなく帝王切開と言うこともあって費用が少し高かったみたいです。
部屋は3人部屋でした。

海外で出産しても出産一時金はもらえます。
ちゃんと保険料を払い住民票を海外に移していなければですが。
日本で産んだ場合、42万円です。
海外で産んだ場合は、 産科医療補償制度に加入する医療機関での出産ではないので39万円になります。

うちのように出産費用が11万円しかかかっていなくても39万円もらえます。
これは嬉しいですね。

申請に必要なもの

被保険者証
印鑑
海外で出産したという証明。(出生医学証明書とその翻訳)