出生届


中国の出生届はヨメさんに任せるとして、僕は中国での日本への出生届を調べてみました。

在中国日本国大使館 ホームページより

出生届

お子様が生まれた場合には、 子の出生に関する手続き を参照し、速やかに届出を行ってください。(注1) (注2) なお、両親が日本国籍者(又は日本国籍者と中国国籍以外の者)で中国国内で生まれた新生児については、出 生後1ヶ月以内に出生医学証明(原本)を持って、管轄する中国公安局外国人出入境管理処に届けて下さい(中 国外国人入境出境管理法実施細則第26条より)。出生後1ヶ月以内に届け出ないと、パスポ-ト作成後の中国 滞在ビザ申請の際に、罰金を科される等支障を来すことになります。

必要書類

(1)出生届---2通 (2)パスポート (3)出生医学証明(原本)(注3) (4)上記(3)の和訳文---2通(A4サイズ)
*大使館に電話したところ、戸籍謄本(抄本)があったほうがいいと言うことでした。

届出人

出生した子の親(日本人)による届出が必要

参考

(注1)出生後3ヶ月以内に届出ること。 出生段階で外国籍を併せ有する場合、出生後3ヶ月以内 に日本国政府に出生届を提出しないと、出生時に遡って日本国籍が失われる(日本の戸籍に入ら ない)。 (注2)出生子のパスポート申請は、出生子の名前が記載された戸籍謄(抄)本を日本の本籍地 より取り寄せてから行う(出生届を領事部に提出した場合、その出生届が日本の市区町村役場に 届き、戸籍に名前が記載されるまでに1~2ヶ月を要する)。 日本の市区町村役場に直接提出する ことも出来るが、出生医学証明の原本の提出を求められるので注意が必要。 (注3)出生医学証明に出生子の名前が記入されてない場合があるが、出生子の名前を決めた上 で、病院から出生子の名前の記入された出生医学証明を発行してもらうこと。領事部では、出生 医学証明は複写した後、届出人に返却している。 *出生届用紙に記入する必要があるので、子供の生まれた病院の住所、日本の本籍地、中国の現 住所を事前に確認した上で来館すること。

中国において日本人と中国人との間に出生した子に関する手続き

  戸籍への記載 日本の国籍法に基づく場合

出生後3か月以内(注)に、当館(または各総領事館)または日本国内の本籍地(または所在地)の 市区町村役場に、出生届を提出する必要があります。当館に届ける際の必要書類等については、「主な 届出の必要書類等のご案内」を、日本国内の市区町村役場に届ける際の必要書類については、直接、市 区町村役場に確認してください。

注:3か月以内に、出生届とともに日本国籍留保の意思を表示して届け出をしないと、出生のときにさ かのぼって日本国籍を喪失します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中